広島県大竹市の社会福祉法人大竹市社会福祉協議会のホームページです。

文字サイズ
>
地域包括センター

大竹市地域包括支援センター

 地域住民方の健康維持、生活の安定、保健・医療・福祉の向上、財産管理、虐待防止などに対して、総合的な増進のための必要な援助、支援を包括的に担う地域の中核機関として創設されたのが、地域包括支援センターです。

 主な4つの機能
1.介護予防マネジメント(保健師等中心に対応)
要支援1・2の人の介護予防プランの作成のほか、「最近、腰が弱くなった」「物忘れが多い」など生活機能の低下がみられる人の介護予防に関する支援を行います。
 
2.総合相談・支援
住民の各種相談を幅広く受け付け、制度の垣根にとらわれない横断的・多目的支援を行います。
  • 相談内容に応じて、行政機関、保健所、医療機関、児童相談所、介護サービス事業者、民生委員、介護相談員、各種ボランティアなどの必要な社会支援サービスや制度が利用できるよう援助します。
 
3.権利擁護事業(社会福祉士を中心に対応)
高齢者のみなさんが安心して暮らせるよう、さまざまな権利を守ります。高齢者虐待の早期発見や成年後見制度の紹介、消費者被害対応などを行います。
 
4.包括的・継続的ケアマネジメント支援 

高齢者に対して包括的かつ継続的サービスが提供されるように、地域の多様な社会資源を活用したケアマネジメント体制の構築を支援します。

 

 

地域包括支援センター運営協議会の役割
 地域包括支援センターが円滑にその役割を果たしていけるよう、市町村ごとに地域包括支援センター運営協議会が設けられます。

 事業運営の基本姿勢
・高齢者が自分らしい生活を継続するための支援であること。
・権利擁護の視点に基づくものであること。
・地域や家族の特性に応じて包括的かつ継続的に支援すること。

 メンバー
保険者である市町村が事務局となり、介護保険サービス事業所、地域医師会、介護支援専門員等の職能団体、NPO団体等の地域サービスの関係者、権利擁護・相談を担う関係者などによって構成されます。

 主な機能
地域包括支援センターが中立性を確保し、公正な運営を継続できるよう、その事業活動をチェックし、必要に応じて是正・改善を求め、また要望・提言を行うとともに関係諸機関との連携、人材確保などについて支援を行います。
 
 

 

 

お問い合わせはこちら

大竹市地域包括支援センター

℡0827‐53‐1165

メールでのお問い合わせはこちら

 

受付時間 

[月~金]8:30~17:15

※土曜・日曜・祝日は休みです。