広島県大竹市の社会福祉法人大竹市社会福祉協議会のホームページです。

文字サイズ
>
相談援護事業 かけはし

日常生活自立支援事業(かけはし)

 福祉サービスを利用したいけれど、手続きの仕方がわからない。銀行に行ってお金を下ろしたいけれど、自信がなくて誰かに相談したい。毎日の暮らしの中には、さまざまな不安や疑問、判断に迷ってしまうことがたくさんあります。日常生活自立支援事業(かけはし)は、このように一人でものごとを決めることが不安な人に対し、契約を結ぶことにより、日常的金銭管理のお手伝い(不動産や高額金品等の財産管理はいたしません)をして、地域で生き生きと安心して暮らせるようにサポートします。

1.利用対象者

 次のいずれも該当される方です。

①日常生活を営むのに必要なサービスを利用するための情報の入手や理解、判断、

 意思表示を本人のみでは適切に行うことが困難な方(例えば、認知症高齢者や知

 的障害、精神障害のある方)

②本事業の契約の内容について判断し得る能力を有していると認められる方

 【例】

 ・計画的にお金を使いたいけれど、いつも迷ってしまう方

 ・最近物忘れが多くて、預金通帳の管理が心配な方

 ・介護保険関係の書類がたくさんいるけれど、どう手続きしたらいいかわからな

  い方

 

2.主なサービス対応

【1】福祉サービスの利用援助

  こんなとき

 ・福祉サービスを利用したいけど、よくわからない

 ・ケアプラン作成時に自分の意向を伝えてほしい

 ・福祉サービス利用料の支払いができないなど

  次のような援助をします

 ・福祉サービスについての情報提供、助言

 ・福祉サービスを利用する際の手続き

 ・福祉サービスの利用料の支払いの手続き

 ・福祉サービスについての苦情解決

 

【2】日常的金銭管理サービス

  こんなとき

 ・公共料金や家賃の支払いをしてほしい

 ・毎月の生活費を届けてほしい

  次のような援助をします

 ・年金や福祉手当の受領に必要な手続き

 ・税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃などの支払い手続き

 ・日常生活に必要な預金の払い出し、預け入れ、解約の手続きについてのお手伝

  い

 ・また、ご希望に応じて預金の払い戻しなどに使用する普通預金通帳や銀行印を
  お預かりすることもできます

 

【3】書類等の預かりサービス

  こんなとき

 ・通帳や土地の権利書類の保管が心配

 ・通帳をどこに置いたか忘れてしまう

  次のような援助をします

 ・金融機関の貸し金庫にて、大切な書類をお預かりします

(1)年金証書

(2)預貯金の通帳

※お預かりできないもの

 宝石、書画、骨董品、貴金属類など

 

3.利用するにはどうすればいいの?(利用手続き)

 まずは、社会福祉協議会にご相談ください。専門員がご本人の状況をお伺いしながら、面談、調査などの後、その方の希望と状況に応じた支援計画を作成します。支援計画や契約内容に合意したら、ご本人と社会福祉協議会が契約を結びます。契約にあたっては、ご本人に契約内容の理解などについての確認をさせていただきます。
利用者ご本人の契約能力の確認が難しい場合は、広島県社会福祉協議会に設置されている「契約締結審査会」で審査することもあります。契約が成立すると「生活支援員」が派遣され、お手伝いを始めます。

 

○専門員の役割

 支援計画などの作成をします。サービスに対する相談も受け付けています

○生活支援員

 福祉サービスの利用手続きや預貯金の出し入れなどの代行

 

4.利用料はいくらかかるの?(サービスの利用料金)

福祉サービス等の利用手続や金銭管理等のお手伝い 1,500円/1回(2時間程度)
通帳や印鑑、証書等のお預かりサービス 1,500円/月
この他、サービスを提供するために生じる実費(交通費等)については、ご負担願います。

 

詳しくはこちらまで
0827‐35‐5300
受付時間 [平日]8:30~17:15 (祝日除く)