広島県大竹市の社会福祉法人大竹市社会福祉協議会のホームページです。

文字サイズ
>
法外援護資金貸付制度

 

   法外援護資金貸付制度(法外援護貸付金・火事見舞給付金)
 
 法外援護資金貸付制度は、失業、負傷、疾病、その他の事由による一時的な出費のため、生活が苦しく圧迫している低所得者世帯等に、緊急に必要な資金として貸付を行うことにより、その経済的自立と生活意欲の助長促進を図り、福祉の増進に資することを目的としています。
 ◇資金の種類
 法外援護貸付金
 1世帯3万円以内
 火事見舞給付金
(家屋の全壊、全焼、流失) 1世帯5万円
(家屋の半壊、半焼)    1世帯2万円
 
・貸付にあたっては、世帯の状況を聞きとり、貸付の緊急性および妥当性を判断します。そのうえで、貸付要否、貸付額を事務局で決定します。
審査の結果によっては、貸付ができない場合や、希望額より減額されることがあ
ります。
・貸付には、原則として連帯保証人1名が必要です。
・貸付世帯の自立助長、地域生活の見守りを目的として、借入申込書にはお住まいの地区の担当民生委員の署名・捺印が必要となります。
・当該資金を償還中の方および連帯保証人となっている方は、原則として貸付対象外です。
・その他、貸付によっても自立が見込まれない場合、制度の目的に反すると事務局が判断した場合は、貸付できません。